「瞑想」の驚くべき効果。福祉事業所で取り入れてみた

こんにちは、リベラルワークスのスタッフ、廣瀬です。
リベラルワークスでは、毎日5分の『瞑想』タイムがあります。
どんな効果を期待して、取り組んでいるのか、まとめてみました。

★瞑想ってどんなもの?

瞑想は科学的根拠に基づいた
アメリカでは、治療のひとつになっています。

★どんな効果があるの?
集中力・生産性が上がると言われています。
カナダのブリティッシュ・コロンビア州の公立校で、9歳前後の生徒99人を対象にした研究では、毎日3分×3回の瞑想を4ヶ月おこなった生徒グループとそうでないグループとの算数の成績を比較したところ、15%高いスコアを獲得したそうです。

さらに、瞑想を実施した生徒たちのほうが認知コントロール力、感情コントロール力、プラス思考、思いやり、ストレスレベルなど、すべてにおいて優れた数値が出ていたんだとか、、、

そして、瞑想にはうつ病や不眠、不安などを緩和する効果もあることが証明されています。

★瞑想のやり方
・リラックスして、座ります。椅子でも床でもOK
・背筋を伸ばします。
・目を閉じて、呼吸に集中します。
・何かしら考えが浮かんできます、それに気づいてください。
・『今自分は、考えてるなー』と気づいたら、また呼吸に意識を戻してください。

考え始めたら、それに気づいて、呼吸に集中・・・それを繰り返します。
毎日、続けることがポイントです^^
是非みなさんも実践してみてください。

ちなみに、サピエンス全史の著者ユヴァル・ノア・ハラリさんは
毎日2時間瞑想しているそうです!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる