A型事業所とB型事業所の違いについて、わかりやすく解説!!

こんにちは、リベラルワークスのヒロセです。

今日は改めてA型事業所とB型事業所の違いをまとめてみたいと思います!!

わかりやすいように、対話形式で書いてみました。一人で書いているところを、他のスタッフに見られ、とうとうおかしくなったと言われています(涙)

ラスターくん

そもそも就労継続支援って?何?

ヒロセ

障害のある人で『就職したけど仕事を辞めてしまった』『一般就労に不安を感じている』と言った人に、サポートを受けながら働くことができる場所です。

ラスターくん

就労継続支援A型とB型の違いは、何?

ヒロセ

大きな違いは、雇用契約を結んで働くA型結ばないで働くB型です。

ラスターくん

こ...雇用契約?

ヒロセ

“会社の決めた仕事内容(時間数や業務内容、業務量)をこなして、会社は会社は給料を払う”その約束のことを雇用契約(こようけいやく)と言います。

ラスターくん

就労継続支援B型は雇用契約を結ばないから、給料がないの?

ヒロセ

もちろんそんなことはありません。就労継続支援B型では、働いてできたものに対して、工賃をもらいます。

ラスターくん

工賃って何?

ヒロセ

仕事をして事業所に入った収入から経費を差し引いたお金が支払われます。それを『工賃』と呼んでいます。

ラスターくん

それなら、給料をもらえるA型事業所にを選ぶに決まってるじゃない?

ヒロセ

A型の給料も基本的に事業所に入った収入から経費を差し引いたお金が支払われます。なので、雇用契約を結ぶ際には面接があり、雇用契約を結べるかを事業所が判断します。
給料は、最低賃金以上と決まっているA型事業所では、利用する方が仕事に自分を合わせなければいけません。
B型事業所は、利用する方の能力に合わせて、仕事を合わせることができます。

目次

まとめ

給料が最低賃金以上と決まっているから、仕事の内容に自分を合わせる必要があるのがA型事業所。

工賃としてやった仕事量だけお金がもらえるので、利用者に仕事内容を合わせて行けるのがB型事業所。

こんな感じです。

どちらが良いとか、上とかは全然なくて、その人が必要としているサービスを選ぶことが大切です^^

他にも就労移行事業所などいろいろなサービスがあり、『どれを選んだら良いかわからない』という方は、お気軽にご連絡ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次